トップ

学校と生徒に関する情報

学校栄養士の仕事とは

学校の栄養士の仕事は、児童生徒達の1日の必要な栄養素を考えた給食のメニュー作りや、給食の食材の発注、伝票や請求書の整理などの事務作業、食品や調理器具などの管理、調理員への支持、生徒だけではなく保護者や職員に向けての食や栄養に関する情報提供、給食だよりの作成、イベントなどの補助などがあります。学校の栄養士は児童生徒に日々の食事の大切さや、食に関する知識や関心を持ってもらうように工夫しながら、児童生徒の健康に気を配りながら、季節や行事に合わせた給食を提供するために様々な食材や調理方法を工夫して献立を立てたりします。

通信制高校ならこちらがおすすめです。
少しでも検討されている人は、まずは、気軽に資料請求。こちからから。入学がいつでも可能なので中途退学でも安心。

給食を作る栄養士について

給食の献立を考える栄養士は、正式には栄養教諭、または学校栄養教諭といい、あまり知られていませんが、教師と同じように月曜から金曜日には普通に出勤しています。夏休みなどの長期休暇で給食の献立を考えなくていい場合でも、栄養研究会の出張など、仕事はあります。市によって違いますが、たいていは栄養士一人につき、二つの学校を担当します。給料はあまり高くありません。月収20万円に達しないというのが現状で、これは教師の初任給より安いです。栄養教諭の仕事は、生徒が毎日飽きずに、十分でバランスの良い献立を考えることだけでなく、子供たちに食の大切さを伝えなければなりません。給料の面でも苦労の絶えませんが、やりがいのある大切な仕事です。