トップ / 学校での恋愛について

学校と生徒に関する情報

学校と生徒間の恋愛について

男女七歳にして席を同じうせずと言われますが、昔から恋愛は、勉強には邪魔になるというのが一般的な見解でした。ところが戦前の学校制度は、そうした理由で男女を分けるのが常識だったのに対し、現在ではむしろ男女共学が多数を占めています。そして特に大学などの高等教育機関においては、男女間に恋愛が生じるのは、当たり前のことだと見なされています。ただし日本全国を見ても、一部ではまだ男子校、女子校と分けている所もあります。こうした学校の長所は、男女双方とも、同性だけがいるということで、遠慮や気兼ねなく実力を発揮できる点でしょう。男女を分けることは、色恋沙汰を避けるというより、青春期だからこそなされる周囲の配慮でもあるのです。

学内で恋愛をするということ

学校で恋愛をするということはとても楽しいことなのです。毎日行くことが楽しくてうれしいですし、恋人に会えるので通うことが楽しくなります。恋愛をしているときれいになれるといいますが、気分も違いますし、心豊かになれるのです。周りから見るととてもきれいに見えますし、毎日が輝いているのです。学校で恋人と会えると思うだけで毎日の生活にうれしさがプラスされるのです。生きていることが楽しくてうれしくて自然と笑顔になれるのです。そして恋人以外にも誰にでも優しくなれたり人に対して優しく接したりすることができるのです。プラスの影響が大きいと思いますよ。