トップ / 学校の時間割について

学校と生徒に関する情報

学校には欠かせない時計

およそ教育機関ほど、時間がきっちりと決められている所はないでしょう。未成年に対して施される教育は、小学校から大学まで、時間割という区分によって制度化されています。朝の始業時間から下校するまでの間、生徒たちは約50分間の授業をいくつかこなさなければなりません。そのため各教室には、必ず一つずつ壁掛け時計が設置されています。どんな人も壁の方を向いて、あと何分で授業が終わるかを、何度も確かめたことがあるのではないでしょうか。最近では大抵の人は携帯やスマホで時刻を確認しますが、特に中学校以下に通う子供たちにとって、教室の時計は、日常生活で時刻を知るためには欠かせない物なのです。

教室の時計で時間管理を

学校では、時間割が決まっており、それに沿って行動することになります。ですから、時計はとても重要です。校庭にはわかりやすいように大きなものが設置されているものです。それを見ながら、それぞれの時間を確認します。小学生は特に気になるものです。各教室にも設置されています。高校生くらいになると、自分の腕時計などを持つようになるので、大して気にならなくなります。しかし、高等学校によっては65分授業があるところや大学になると90分授業が当たり前になり、携帯やスマホで時間を確認する人も出てきます。時間がわからなくなると、すべての行動が狂ってしまうので、大変なことになります。